DAWのお話し

俗に言う『DAW』(デジタル・オーディオ・ワークステーション)…パソコンで音楽を制作するメインアプリケーションのことでが、僕はAppleのLogic Pro Xを使用しています。

プロ仕様のDAWって一昔前だと15万円ぐらいするソフトで、Logicも昔はそのぐらいしてたんですが、今なんと¥23,800ですよ!

そこそこのパソコンに¥23,800払ってソフトをインストールするだけで、プロの音楽制作環境ができてしまうんですからすごい時代になったもんです。(厳密には他にも色々揃えなきゃならんものはありますが。)

ちなみにこの値段は外貨レートの影響を受けるみたいで、僕がLogic Pro Xを購入しようかなと思っていた時は2万円を切っていました。

それがいざAppleストアでポチろうとした時、値段が¥23,800に上がってて、超悔しいのなんのって_| ̄|○ ガクッ

それでも十分に安いんですけどね。

競合アプリといわれるCubaseで¥57,000、Digital Perdormerが¥61,400、Pro Toolsが¥55,300ですから、Logic Proはほぼ半値以下ってことですよね。(4/2現在の某有名通販サイト調べ・笑)

色んなアプリがあるので、はじめてDAWを購入する時にどれにすれば良いか迷うという話もよく聞きます。

アプリ毎に特色はありますが、グレードが同じならたいていのことはどれでもできちゃいます。

それよりも初めてのDAWはおそらくわからないことだらけだと思うので、わからないことがあった時に身近に聞ける人(同じアプリを使ってる人)がいることが大事に思います。

僕がLogicにしたのも、周りのミュージシャンに使ってる人が多かったというのが一番の理由です。

同じアプリだと共同作業する時もデータのやり取りが楽ですしね。

制作の依頼をされる方にも「自分でもやってみたいんだけど…」なんていうご相談を受けることもあります。

Logicのことなら、ご質問いただければ答えますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です