ギター音源のお話(アコースティック編)

現在「アコースティックギターメインのフォーク調の曲」を編曲作業中でございます。

ということでプラグイン音源の『Real Guitar』が大活躍しております。

今でこそ他にもリアルなギター音源が数多く出ていますが、これはその草分け的存在と言ってもいいのではないでしょうか。

それまでギターの打ち込みというと、コードストロークでは弦ごとのタイミングのずれをいちいち手入力して、メロディではスライドやハンマリングの表現にMIDIデータを駆使したりとか、とにかく大変な割には、結果打ち込み臭い仕上がりにしかならず苦労するパートの一つでした。

しかしReal Guitarを使うと、ストロークやカッティングはコードとリズムを指定してやるだけでそれっぽい感じで鳴ってくれて、ギター独特の奏法はスイッチで指定すれば実にリアルに奏でてくれます。

作業時間が大幅に短縮できて、生に遜色ない仕上がりとなるので大変重宝しております。

Studio Tonewill ホームページでは立ち上げ当時の文章ままが多く、その時はまだReal Guitarを導入していなかったので「ギターは打ち込みより生録音推奨」的な記述をしていますが、今はこれとエレキバージョンのReal Stratで、ギターに関してはほぼ生録音しなくても高品質なトラック制作が可能となっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です